リサイクルを活用して介護用品を賢く使う

ベビー用品や介護用品は新品を購入するより、リサイクル商品を利用する方が合理的。

以前からベビー用品はレンタルがつかわれています。
ベビーベッドや沐浴のタライ、ベビーカーなどは短期間使用ですから、購入するよりレンタルの方がムダがないことは確かです。

介護用品は、高齢者が多くなってきた現代だからこそ、いろいろ便利なグッズが開発されているのだと思います。
介護用品も、日常使用する小物類は別としても、介護ベッドや車いすなどの値の張るものについては、高額な新品を購入する必要はなく、リサイクルで購入してもイイかな・・・と。

歩行器も必要ですね。
歩行器は、家の中を移動するときや、ちょっとした作業を行う時にもあれば便利で、リハビリにもなります。

最近は、地域の社会福祉センターなどで、介護ベッドや車いすなどの介護用品をレンタルしてくれる制度があるようです。

しかし、介護の度合い、つまり、要支援1とか要支援2では、貸し出しして貰うのは無理。
また、もちろん在庫がなければ、貸し出しは不可能で順番待ちということになり、本当に必要な時に役に立たないことも多いと聞きます。

リサイクルで購入し、不用になったらまた、リサイクル店で買い取って貰うことで家計に負担をかけずに済みます。

詳しいことは、介護用品リサイクル情報
介護用品▼が参考になります。

This entry was posted in 未分類. Bookmark the permalink.

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>